私の一句

江森 京香

氷橋手の鳴る方へ行く覚悟   京香

自分の句・眠っている季語の発掘を!
あした季寄せで例句はなく、自分で作ったことがない季語と取り組むと発想もナィーブになると冬男先生からの教えで、挑戦した句です。平成二十年に巻頭を頂き、俳句を始めてから十年になる頃です。夜遅くまで季語探しが楽しく俳句に恋をしている時間がいとおしい平和な時間でした。常光院での十三夜の句会や節分句会など今は無く、淋しい限りですが、元気で生きている限り「俳句即人生」だと叱咤激励しながら向き合って行こうと思っております。「氷橋」という季語でこんな句も出きる。連句の平句では決してない立派な俳句と句評して頂いた一句です。