俳句の風景

            宇 咲 冬 男

夏行③

祈りにはあこがれまじる虹浄土

ポカラ〈はしなくも大虹立つ〉

出離から逃げし身灼くる仏聖地

サルナート〈鹿野苑は釈尊が初めて仏教を説いた聖地〉二句

鹿亡びゐしマンゴーの緑蔭や

時空超ゆしじま涼しき座像仏

初転法輪の石仏

流灯のあまりに小さし絶へざりし

ベナレス〈ヒンズー教の聖地・沐浴のガンジス河流る〉三句

まなうらに屍焼く火や明易し

夏の露寝ねご身近かき聖の河

(句集『乾坤』より)